タイ 国際 航空 破綻。 ◆がんばれタイ航空(タイエアー)◆経営危機でタイ政府から最後通牒!

タイ国際航空が経営破綻

なぜタイ政府は救済案を撤回したのか? では、何が同意していた救済案を覆させたのか? これは、日経新聞に答えがありました。 03バーツで合計6900万株のタイ国際航空株を2億7807万バーツで購入することを承認をしました。 負債総額は昨年末時点の約2450億バーツ(約8300億円)から、最終的には日本円で1兆円近くにまで膨らむ可能性がある。 企業破綻となれば 「 C 」格に急落するのが通常ですが、「 BBB 」格で留まっているという事実はタイ国際航空が復活する可能性を示唆しています。 はっきり言って、 こんな「ザ・ファーストクラス」な 王侯貴族体験ができたのはタイ国際航空の本拠地、スワンナプーム国際空港だけです。

>

タイ国際航空 破産法に基づく会社更生申請!なぜタイ政府は救済しない?|急がば止まれ

何しろ 今のビジネスクラスは個室仕様ですから安全です(笑) そうなると値段は確実に上がりますよね、、少なくとも倍以上に。 TGの破綻処理に向けた動き 今回のTGの破綻に際して、政府からは再建策の策定を再三要求されていながら具体的な案を出すことができなかったようです。 国営企業ということで、元々高コスト体質であり、さらにLCCとの競争も激化し、中国人観光需要が伸びているにも関わらず、利益には結び付けられなかったと言います。 運営の効率化と収益の向上を図るため、これら子会社の民営化を進めていくとした。 そもそも5月初旬までタイ政府は今回の新コロ対応として581億バーツの融資保証に応じて救済する計画だったようですが、この条件として最大8千人規模の人員削減を柱としたリストラの条件をつけたことで労働組合や利権を持つ政治家、軍関係者からかなり反発が出てもうどうしようもなくなってしまったようです。

>

破綻したタイ国際航空 バンコクに飛行機レストランをオープンし再建に動き出す 美人CAがお出迎え

タイ国際航空の「レガシー」サービス タイ国際航空は、俗に言う「レガシーキャリア」の中でも、まさに ザ・レガシーキャリアと言ってもよい、フルサービスの航空会社でした。 中には、従業員を一時解雇もしくは無給での休業などが、 かなり多くの航空会社で見られます。 申請後に裁判所の命令で債権の取り立てが停止され、経営陣は債権者と負債の整理や契約の見直しを協議しながら、原則120日以内に再建計画を策定します。 なんと 飛行機にベッドがあり、さらにシャワーまであるんですよ? そして、そのサービスを支えていたのが、 A380のバカでかい機体だったんです。 そこで、シンガポール空港などからも引き合いのあるこのサービス部門を独立させ、収益性を高めようとした。

>

勝つための情報リテラシー:「タイ国際航空の破綻劇」に見るコロナ倒産の「あるパターン」=立沢賢一(元HSBC証券会社社長、京都橘大学客員教授、実業家)

ティム・クラーク会長は、中東の現地紙で、今後数年間は航空旅行の需要は抑制されるとして、「 我々は(エアバス)A380型機や、ボーイング747型機が終わっていることを認識している」と発言し、新型コロナウイルス感染拡大後、数年間の世界的な需要に適合しているのは、ボーイング787型機やエアバスA350型機であるという見通しを示した。 注目すべきは破綻に至った本当の理由で、新型コロナが最後の一撃とはなったものの、「当然だ」「遅すぎた」などと内部に原因を求める声が少なくない。 一応また先延ばしになる可能性もないわけではないですが、公式に報道官が支援しない!と言っちゃったということでほぼ間違いない状態のようです。 一応返金まではある程度なされるようですが、そもそも飛ばなくなっちゃうのでどうしようもないです。 ぶっちゃけ、何が起きても不思議ではないので、マイルを持っている方は、もちろんコロナ後ですが・・ ファーストクラスなど上級クラスには早めに「思い出作り」で乗っておいた方が良いかもしれませんよ。 まるでJALの破綻の時と同じような状況ですねぇ、、(笑) どの国も国営企業は甘い汁を吸っている人がたくさんいるので(笑)同じような感じになっちゃうんですね。

>

破綻したタイ国際航空 バンコクに飛行機レストランをオープンし再建に動き出す 美人CAがお出迎え

新コロ騒動で航空業界ははたして生き残れるのか? まさに100年に一度の、、(最近何度となくこのフレーズを聞きますね、、)災害が全世界的に起こってしまっているわけで、流石にこれに備えができている経営者はどこにもいないでしょう。 18traicyの より引用 エミレーツのA380といえば、超絶VIPサービスが受けられるファーストクラスなどで有名でした。 経営破綻が続く航空業界 今回のTGに限らず、コロナの影響の前でも破綻する航空会社はそれなりにありました。 それでもしばらく持ち堪えているなぁ〜と思っていたら今回の新コロ騒動でどうしようもなくなったというのが実際のところだろうと思います。 この2年ほど大きな赤字が続いていたために、大規模なリストラなどの対応を迫られていました。

>

タイ国際航空 破産法に基づく会社更生申請!なぜタイ政府は救済しない?|急がば止まれ

ただ、たまに中堅以下の航空会社が突然死する時は会社自体が 「精算」されてなくなってしまうような場合は個別に影響が出てきます。 ただただ驚きです。 また、年々、乗務員の対応の質もイマイチになっていったようにも感じます。 果たして、これからタイ国際航空が日本航空の様にタッチアンドゴーできるのかが見ものです。 15ドルなら株を購入して10年放置しておけば何処かのタイミングで購入価格より高い価格で売却できる機会はあるような気がします。 危ない航空会社の見極め 先日、破産手続きをした【ヴァージン・オーストラリア航空】は、 会社そのものがすぐになくなるわけではなく、現在も国内線で、 運航されています。

>