旭日 日本酒。 島根『十旭日』旭日酒造

旭日酒造有限会社

おすすめ情報• 今後の熟成も愉しみだ。 滋賀県を発祥とする「渡船」で造った酒は、コクのある力強い味わいが魅力。 十旭日はレギュラー品も要冷蔵の限定品も扱ってましたよ。 肉じゃが、手巻き寿司、鯛の兜煮・・・・じゅるり、このブログ書いてる今、食事前なのでバリ涎が出ます!古酒の様に落ち着いていて、安易に辛めに動かないところも嬉しい。 当家では未成年のお客様への酒類販売は行っておりません。

>

旭日酒造有限会社

出典:藤居本家サイト 「旭日」の蔵元・藤居本家は、新嘗祭の御神酒を宮中に献上 「旭日」は、琵琶湖の東に広がる田園地帯に蔵を構える蔵元、藤居本家の代表銘柄です。 が、どうにか飲めないか色々試した結果(なにせ一升瓶で買ったもんで・・・)、これは甘さに口がダレた時に最高やん!と開眼しました。 実は、僕がこういうお酒が飲めるようになったのは、つい最近なんです。 私はほんのちょっとつまみ、程度だったので、あっという間にアルコール回りまくりました。 これはぜったい和食です。

>

旭日酒造有限会社

大正時代に造られた蔵は、1997年に放送されたNHK連続テレビ小説「甘辛しゃん」の撮影に使用されたこともあるのだとか。 。 (栄里子杜氏談) そして素晴らしい熟成過程をたどる古酒も、タンク熟成で計画的に寝かされているので、とても愉しみ多き蔵である。 僕の場合ですと、甘くて軽やかな吟醸酒が大好きなので、そういうタイプのお酒が得意な蔵をひいきにしてます。 伝統的な行事の酒造りを任されるだけあって、蔵の建物は風格があり、国の登録有形文化財に指定されています。 ずーっと飲みやすい吟醸酒ばかりだったのですが、ある日を境に飲めるようになりまして。

>

島根『十旭日』旭日酒造

0 [酸 度]非公開 [Alc度数]15~16度 [商品詳細] 島根県産の酒米「佐香錦」を半分近くまで精米し、綺麗な香りと味わいを目指した純米吟醸酒です。 燗につけると、一気に酸がたち、一層軽快で呑み飽きしない。 旨味の余韻が長く、癒されるような心地よさも長く続いていく。 ) カート内で運送方法で「 ヤマト運輸 」を選択していただき、お支払方法で を選択してください。 旨味・酸・熟成感・渋味のバランスが良く落ち着いた酒質だ。

>

蔵元 藤居本家

とても安心できる酒質である。 しかし、これは度数も高いから危険です。 本物の純米酒の呑ませ方とは? (お客様に純米酒を呑んでいただく動機づけ) 純米酒の疑問を解決! ブログ「純米酒と戯れる」 純米酒を探求するなら、この1冊を読むことをお勧めします。 。 同行間取引ですので 振込手数料無料、24時間、365日引き落とし可能、当方口座番号入力不要 です。 そして、含み香は プルーンや干しブドウのようなドライフルーツと ナッツ系の香りが上がってきます。

>

滋賀の日本酒【旭日(きょくじつ)】伝統の蔵元が能登杜氏の技術で醸す酒|たのしいお酒.jp

ただの醤油ラーメンではありません。 「旭日」は定番から限定商品まで多彩なラインナップを展開 米の旨味が引き出されたコクのある味わいの「旭日」は、充実したラインナップが魅力。 そして余韻に太くしっかりした酸がおもむろに顔を出したかと思うとバッサリとキレを演出する。 まさに僕にとっての十旭日はそんなお酒なんですね。 2008年からは滋賀県酒造組合の会長を務め、2018年春の叙勲では、滋賀県の地酒振興への大きな貢献により「旭日小綬章」が贈られました。 1 酒造年度:25BY 内容量:720ml 買った店: 購入金額:1,620円(税込) カテゴリー• ラベルも「十」の文字がかっこよくデザインされていて、左右対称っぽい配置でイカしてる。 これは使用する水が超硬水であることも起因するのかもしれない。

>

✙ 旭日(じゅうじあさひ): 美味しい地酒・日本酒

今回の紹介は、 島根県出雲市にある 旭日酒造の 十 旭日(じゅうじあさひ) 純米吟醸 原酒 山田錦 52 熟成酒 14BY です。 冷やしすぎない冷酒、常温、ぬる燗あたりも対応可能です。 良い感じの円やかさ。 高級な生の和牛が惜しみなく敷き詰められているところに感動。 酒質の強さを顕すかのような乳酸系の香りもある。 製造元:藤居本家• 十旭日 きもと純米 改良雄町 H30BY 1,800ml 3,190 円 原材料: 米・米麹 酒米: 佐香錦(島根県産) 精米歩合: 55% アルコール度: 15.4度 日本酒度: +6 酸度: 1.6 酵母: 島根K-1酵母 爽快・軽快な夏酒! 十旭日にしては、珍しい夏用爽快スッキリ仕立ての若い純米吟醸酒。

>

十旭日は、島根県出雲市の旭日酒造が醸す純米酒。販売は地酒のDON。

特に表記もないのですが、きっと生もとか山廃で作られてるんじゃないかなぁと。 この辺りは2回火入れの強みでしょうか。 そんな出雲の地で明治2年に創業した旭日酒造は、 たくさんの商店が軒を連ねる街中にある小さな酒蔵です。 1階は店舗、2階は広々とした大広間で、音楽会などの文化、芸術の発表の場として活用されています。 常温で隠れていた熟成感も感じながら、滋味深く癒される、そんな酒質だ。 藤居本家は江戸時代後期の天保2年(1831年)創業の老舗。 しっかり系の肉とかにあいそうですよ。

>