国有 財産 法 施行 令。 大田の寺、国有財産に 年内にも法人解散、処分が難航 宗教法人法施行後初のケース

国有財産法施行細則

12 土地の共有持分を新たに台帳に登録する場合には、共有する土地の数量、取得価格及び共有者の氏名又は名称並びに持分の割合を沿革欄に記入する。 ロ 台帳に登録されているが、報告書に計上洩れであった場合は、既に台帳に記入されている増減事由用語をもって報告する。 以下同じ。 一 電気事業 二 ガス事業 三 水道事業 四 熱供給事業 五 鉄道事業(軌道事業を含む。 )に限る。 3 配置図の縮尺は、土地図に準ずる。

>

第1 国有財産の制度 : 財務省

審議経過 0件 この法令の本文や英訳等を収録している国の機関のウェブサイトに移動できます。 (買受けの勧奨)第十一条 各省各庁の長は、法第十条の二の規定により特定普通財産を当該財産の権利者等(同条に規定する権利者等をいう。 なお、端数切捨ての整理をしている場合は、その端数を備考欄に付記すること。 ) ハ 地すべり等防止法(昭和三十三年法律第三十号)第二条第三項に規定する地すべり防止施設(地すべり等防止法施行令(昭和三十三年政令第百十二号)第十四条で読み替えて同法の規定が適用されるぼた山崩壊防止施設を含む。 )、都道府県道若しくは市町村道の用に供する国有財産又は同法第九十二条第一項に規定する不用物件である国有財産で国土交通大臣の所管に属するもの リ 道路整備特別措置法(昭和三十一年法律第七号)第二条第四項に規定する会社又は同条第七項に規定する機構等が道路の用に供する国有財産(当該用途の廃止により生じる法第八条第一項ただし書の普通財産を含む。 (注) 一の機関の内部組織上の部課等は、原則として当該機関の用途に包摂されるものとする。 2 図面については、一の口座ごとに、次に掲げる区分によりそれぞれに記す図面を調製する。

>

国有財産台帳等取扱要領について : 財務省

したがって、国有財産の取得、所管換、処分その他の事由によって、これに変動が生じた場合には、その増減を台帳に記録して整理を行っている。 ただし、アラスカや国立公園等の公共領有地(the public lands)は、資源開発や環境保護の観点からの管轄下に置かれており原則として売却できないことになっている。 改正:• (国有財産地方審議会)第六条の二 国有財産地方審議会(以下「地方審議会」という。 )の施行の日(同日後において同項第二号の規定に該当することとなる市町村の区域にある義務教育等諸学校施設にあつては、その該当することとなつた日)から平成三十三年三月三十一日(同日以前において同項第二号の規定に該当しないこととなる市町村の区域にある義務教育等諸学校施設にあつては、その該当しないこととなつた日の前日)までの間 第二条 法第二条第二項第一号に規定する政令で定める保護施設は、生活保護法(昭和二十五年法律第百四十四号)第三十八条に規定する救護施設、更生施設、医療保護施設、授産施設及び宿所提供施設とする。 複数の版を収録しているウェブサイトもあります。

>

第1 国有財産の制度 : 財務省

)で農林水産大臣の所管に属するもの(地すべり等防止法第十三条に規定する他の工作物、森林経営用財産、土地改良法第九十四条に規定する土地改良財産、農地法第四十五条第一項の規定による農林水産大臣の管理に係るもの及び森林経営用財産の用途の廃止によつて生じた普通財産を除く。 ) 七 普通財産を譲与しようとする場合 八 普通財産である土地(その土地の定着物を含む。 森林又は原野に生立するもののようにその集団を形成する等のため、その本数の把握が著しく困難なもの• )の調製は、別に定めるものを除くほか、この第3に記すところを基準として行う。 工作物「水道」の価格中に合算登録されていた「下水」を分離登録するような同一財産区分内で種目を変更する場合 (注) 1「誤謬訂正」は、原則として、明白な誤記、誤算等の整理の誤りで他に適当な事由用語がない場合に限り適用するものである。 2 索引 (記入の順序)• 改正:• ) ヘ 職業能力開発促進法(昭和四十四年法律第六十四号)第十六条第四項の規定により都道府県に運営を委託した障害者職業能力開発校の用に供する国有財産(当該用途の廃止により生じる法第八条第一項ただし書の普通財産を含む。 食品安全委員会事務局• ただし、これにより難いときは、変更することができる。 )に属し、又は森林経営用財産の用途の廃止によつて生じた普通財産並びにハに掲げるものを除く。

>

国有財産法 昭和23年6月30日法律第73号

改正:• )の使用承認を受けて使用中の建物に、使用承認を受けた省庁(以下「使用省庁」という。 また、これら審議経過が含まれている会議録を対象として検索を行う場合には、 からご利用ください。 7 法第二条第二項第七号に規定する政令で定める地域は、次に掲げる地域とする。 窓、出入口、床の段違い、防火壁及び防火戸の位置、形状等• 官民人材交流センター• 工作物、機械器具、船舶及び航空機についても、同様とする。 改正:• 国際平和協力本部事務局• 一 激甚じん災害に対処するための特別の財政援助等に関する法律(昭和三十七年法律第百五十号)第三条第一項の特定地方公共団体(以下「激甚じん災害を受けた地方公共団体」という。

>

国有財産法 昭和23年6月30日法律第73号

)を除く。 ただし、これらの除外した経費については、備考欄にその旨記入する。 (境界)• 文化庁が把握している限り、1951年の宗教法人法施行後初めてのケースという。 改正:• 9 価格欄の記入については、国有財産法施行令(昭和23年政令第246号。 複数の版を収録しているウェブサイトもあります。 財務大臣は、普通財産を管理処分するとともに、国有財産の管理処分の総括を行っている(国有財産法第7条)。 8 土地図には、面積測定の方法(現地座標法、図上座標法、光学的図上法等の別)を記入する。

>

国有財産法施行細則

イ 立木竹は、土地、建物等と異なり、その成長、更新等により常に数量に増減を生じ、その都度台帳の整理を行うことは極めて困難であるので、その円滑な整理を行うため、森林経営用財産を除き購入、所管換、売却等権利の得喪を生じるときその他財産管理上必要と認めるときに実地調査を行い、その結果数量に増減を生じたものについて台帳を整理することとする。 A 減耗 建物は、経過年数に従い腐しよく老朽化し、また使用に従い磨耗し損傷し、更に災害により損傷する。 公共用財産及び皇室用財産にあっては、それぞれ公共又は皇室の用をもって一の用途とする。 改正:• 改正:• 2 出資による権利• 一 第1条中地方自治法第250条の次に五条、節名並びに二款及び款名を加える改正規定 (同法第250条の9第1項に係る部分 (両議院の同意を得ることに係る部分に限る。 平成15年度決算からは、国会からの「決算の早期化」の要請を受けて、両総計算書を国有財産法の規定よりも2ヶ月程度早く国会に報告することとされたところである。 提出年月日:昭和23年6月2日• ただし、次の場合は、「立木」として取り扱う。 改正:• 日本医療研究開発機構・医療情報基盤担当室• また、取得の経緯からみると、相続税法等の規定により租税物納として金銭に代えて国庫に納付され普通財産となったもの、又は行政財産が不要となって本来の行政目的に供されなくなった場合、すなわち用途廃止されて普通財産となったもの等がある。

>