ゆうちょ 銀行 ドコモ 口座。 【ゆうちょ銀行謝罪会見】「ドコモ口座」被害金額の過半数がゆうちょ、主張の食い違いも

“ドコモ口座×ゆうちょ銀行問題”が残した教訓 決済サービスの向かう先を考える

ただ根本的にゆうちょのセキュリティに問題があったので起きた事件です。 「なぜこのタイミングなのか」という点だが、恐らく犯罪者は不正利用が可能なことを少しずつ検証し、それが発覚して対策が行われる前に準備を重ね、一気に犯行に及んだのだろう。 。 不正な取引により被害が発生した場合は、各事業者様と連携し、必要な調査を踏まえた上で、全額補償を行う方針です。 もともとは飽和しつつあるドコモ回線ユーザーだけでなく、より広い層にサービスで接触機会を増やすために実施されたキャリアフリーの仕組みだが、結果としてそれを悪用されたというのが今回の一連の流れだ。

>

“ドコモ口座×ゆうちょ銀行問題”が残した教訓 決済サービスの向かう先を考える(ITmedia Mobile)

ドコモ口座銀行紐付け詐欺は何故起こった? さてさて、Twitterやヤフコメなどで凄い白熱してる当事件ですが、そもそも何故起こった?という話。 つまり、「緊急事態として取り組めば1週間強で実装できるもの」だったのに、少なくとも1年以上、セキュリティーの甘い状態を双方が「放置」していたことになる。 被害の構図はNTTドコモの「ドコモ口座」と同じだ。 107• イオン銀行は、9月10日17時から停止済み。 また、ドコモ口座以外でもキャリアフリーのdアカウントを使った別の金銭の不正利用事件が9月上旬に集中して発生しており、ドコモ口座の件と合わせて現在同社は被害者への対応に当たっている。

>

ゆうちょ銀行からドコモ口座を利用した不正引き出し!仕組みや原因は

ゆうちょ銀行が示した資料では、そのうちNTTドコモの「ドコモ口座」の被害は82件、総額1546万円にのぼることがわかった。 こうした部分を全て含め、総点検とブラッシュアップを今後数カ月かけて行っていくことになる。 というわけで、ドコモ口座と銀行口座の紐付けを確認する方法を調べてみました。 なお、即時振替サービスの不正利用に関して、当行のシステムから口座情報やキャッシュカード暗証番号等のお客さま情報が漏洩した事実は確認されておりません。 その後、口座から決済サービスに入金し、お金を使った。 不正流出が原因だった場合はパスワードを変更すれば回避可能です。

>

【ゆうちょ銀行謝罪会見】「ドコモ口座」被害金額の過半数がゆうちょ、主張の食い違いも

そのため、ゆうちょ銀行を除く全ての銀行についてはドコモが補償を行った関係で9月中に(ドコモ口座の件については)処理が終わっている。 ゆうちょ銀行では、キャッシュレス決済と連携する際の本人確認認証に、二要素認証の採用が不十分でした。 筆者も一連の問題に関して幾つか記事を執筆しているが、特に9月第3週後半のタイミングで「同時点までの概要まとめとポイント」「取材を通じて得られた内部情報と疑問点」「問題の本質からくる、今後考えるべきこと」の3つのテーマでそれぞれまとめている。 1つには対策が甘いままにサービスを外部開放したこと。 実際、本人確認以外の部分での不審な取引の検知システムなど、セキュリティ対応がおざなりなっていた部分が大きい。

>

「ドコモ口座」不正引き出し、被害報告と機能停止の銀行は

問題の本質は、ドコモ口座ではなくゆうちょ銀行(+地銀)のセキュリティです。 実際、少なくない数の銀行が早期の(チャージ)サービス再開を望む声を出しているとのことで、筆者の見解では今回の事件は「分かっていたけど止められなかった」というよりは、「寝耳に水」に近い状態だったのかもしれない。 前項の記事中でも触れているが、ドコモ口座自体がドコモ内部であまり認知されたサービスではなく、例えばd払いにおける利用でもごくわずかにすぎない(最も利用が多いのはキャリア決済)。 ゆうちょ銀行も被害が出ているようです。 同日公表された情報や会見の模様は弊誌の井上翔氏がレポートにまとめているが、ドコモでは被害者への補償を含め、口座接続を行っている銀行と連携して事件の概要解明と今後の対策を打ち出している。 ゆうちょ銀行の資料にあるように、連携を停止した事業者10社のうち、ドコモ口座、Kyashの2社は9月16日に、PayPayやLINE Payをはじめとする事業者も8社中7社が9月17日に、二要素認証を導入する見込みだ。

>

【悲報】ドコモ口座事件、飛び火wwwゆうちょ銀行、被害を知りつつ3年間放置していたwww: みじかめっ!なんJ

二要素認証の導入は2つだけ ゆうちょ銀行の口座と接続可能な決済サービスは12サービスあった。 ゆうちょ銀行は同時に、ドコモ以外の決済サービス事業者についてもWeb口座振替(ゆうちょ銀行の用語では「即時振替」)を通じて不正利用が行われていたことを報告しており、「アプリ決済サービスの本人確認は(Web口座振替による)銀行口座接続をもって行われる」という金融庁の指導と、長らく対策の進んでいなかったゆうちょ銀行や地銀を中心とした「Web口座振替での認証の弱さ」が露呈した。 同日公表された情報や会見の模様は弊誌の井上翔氏がレポートにまとめているが、ドコモでは被害者への補償を含め、口座接続を行っている銀行と連携して事件の概要解明と今後の対策を打ち出している。 キャッシングできるキャッシュカードを持っている これに該当する人はすぐ確認しましょう! どこの郵便局でも手続きできますので当該の郵便局以外に行ったほうがいいかもしれませんね。 これにeKYC導入を絡めて本人確認を強化することで、事後の追跡はだいぶ容易になる。 8月後半から9月初旬にかけて話題になり、9月10日には緊急記者会見が開催されたNTTドコモの「ドコモ口座」を通じて行われた銀行口座からの不正引き出し問題。

>

決済事業者様のアカウントへの口座登録及び振替(チャージ)の一時停止について(11月16日更新)-ゆうちょ銀行

ある情報源によれば、今回のドコモ口座での不正引き出しは全てキャリアフリーで作成されたdアカウントを通じて行われており、メールアドレスの存在確認のみで作成できる点を利用されている。 その後、ゆうちょ口座からキャッシュレス決済に入金し、コンビニや家電量販店などでお金を使いました。 第99代総理大臣となった菅義偉氏だが、同氏は「携帯料金値下げ」「デジタル庁創設」「地銀の整理」などを公約として掲げており、全てが今回の件に絡んでくる。 ただし、田中副社長は、二要素認証の実装はあくまで再開のための要素の1つだという見方を示している。 なので、よっぽど地雷を踏まない限りはそうそう心配しなくても大丈夫かと。 少なくとも、ドコモの今後の行動は政権の意向をかなりの形で反映したものとなる可能性が高い。 まぁ、これに関してはぶっちゃけ口座番号間違えても大丈夫な気はするがみんな色々試すなぁ。

>