シー サンプー ター 麻雀。 十三不塔とは (シーサンプーターとは) [単語記事]

麻雀フラッシュゲーム「麻雀 Flash」 | 麻雀

ステップ1. カンとは? カンというのは四枚一組の組み合わせで、 鳴きの一つです。 つまり点数がマイナスになった時点でゲームが終了してしまうということになります。 8連式のマシンガンなのだ。 。 人和(レンホウ):ゲッターロボ牌での人類統一国家の名称。

>

役一覧|日本麻雀連盟 公認HP

地和については昔は親の第1打を地に降り立った最初の牌という事で「地牌」と言い、それによってロンする事で付く、今でいう人和に近い形での和了りがこれに当てはまった。 小三元(ショウサンゲン) 4翻 三元牌による2つの刻子と1つの雀頭 2つの刻子による2翻を含む 28. 箱割れで半荘終了 箱割れとは、「ハコ」「ドボン」「飛ぶ」等様々な呼び名がありますが、要は持ち手がマイナスになったことを意味します。 電気を消して暗闇の間にすり替える -- 名無しさん 2018-08-09 10:30:10• このような定義の揺れや、バラバラという定義から初心者が嵌張搭子を見落としやすいこともあり(数牌は連続しなければよいのではなく3つ以上離れている必要がある) 、現在では十三不塔・十三無靠・十四不塔いずれも採用されないことが多くなっている。 ただし、地域や時代によって役の定義に揺れがあり、また、四面子一雀頭の原則に外れる役であることから、現在ではほとんど採用されていない。 。 嶺上開花がピンときていない人は後程説明するので安心してください。

>

無料で遊べる麻雀ゲーム「麻雀」GAMEDESIGN

混老頭(ホンロウトウ) 2翻 全ての牌がヤオ九牌(1・9と字牌) 24. なお、以下のような形は 靠にはならない。 一四七倶楽部 『まんがで覚える麻雀入門』 新星出版社、1988年、• したがって雀頭が数牌だった場合にも、その数字が他の牌と3以上離れている必要がある。 喰いタン、後付けあり 俗に言う「ありあり」ルールの事です。 条件を満たす牌の組み合わせは約1万分の1 であり、これを親の配牌時と考えても、およそ33万分の1で発生するとされるよりは出現しやすく、並の役満程度の頻度に相当する。 雀頭の有無やどの時点で十三不塔を宣言できるかについて後述のようにいくつかのバリエーションが存在する。

>

天和・地和(麻雀)

この時大三元を確定させてしまう打牌、 を捨ててしまったプレイヤーに責任払いが適用されます。 二盃口(リャンペーコー) 3翻 門前のみ 同じ順子が2組という組み合わせが2つ 25. 横山竜介 『麻雀シリーズ わたしにもわかる マージャン ルールと打ち方』 西東社、1982年、• 五筒開花以外にも花に見立てたローカル役があるのです。 そのため、当初は上の例2で示したような面待ちのみが認められていたが、その後それ以外の形も認められるようになった。 役名や牌姿を一見すると十三不塔や十三無靠と似ているが、配牌時に宣言をする役ではなく、手作りをして和了を目指す手役の一種である(ロンあがりも可能)。 しかし、同時成立していた場合には和了の形かどうかが一見して分からないことが多い為、成立を見逃してを宣言してしまったり、逆に不成立なのに十三不搭を宣言して()してしまわないように注意。 そして次に筒子であるが、既に数Aは子と確定しているため、は使えないし、当然も使えない。 大三元(ダイサンゲン):ゲッターロボもしくは、真ゲッターに該当するロボットのあだ名。

>

天和・地和(麻雀)

完全コンピューター対戦となるので、対戦相手をきにせずに「長考」することが可能だったり、ちょっとした休憩時間にも最適です。 と思って、上がった配牌を見てみたら、私が知ってる、『十三不塔』の形とはちょっと違っていたので。 理由を聞かないとピンとこないと思います。 画像出典:Wikimedia Commonsより 天和(テンホウ):空を飛べるゲッター1のことを指す。 本来、昔の中国麻雀では五筒開花は満貫だった、という話を聞いたことがあります。 責任払いなし 「責任払い」とは大三元・四槓子・大四喜の役満を確定させる副露を許したプレイヤーにペナルティを課すというものですが、「麻雀 Flash」では「責任払い」は採用されていません。

>

無料で遊べる麻雀ゲーム「麻雀」GAMEDESIGN

27、。 二十二面張 一般的なでの待ちの最大はの面待ちと言われるが、十三不搭及び靠が両方採用されている場合には最大で22面という状況が起こりうる。 月に見えないこともないですね。 相手はコンピュータです。 徐々に採用されなくなってれていったことから、役というよりも古役と言ったほうが正しいかもしれない。 靠が採用されている場合には十三不搭も採用されているが多い。

>