南海 バス ロケーション システム。 バスロケーションシステム モバステ―ション

バスロケーションシステム モバステ―ション

東急バスが撤退後は東京駅発着に変更し、ジェイアールバス関東 と共同運行となった。 路線バス事業者による「標準的なバス情報フォーマット」及び「GTFS-Realtime」の公開は、近畿2 府4 県では初めてとなります。 (サザンクロス号) 〔〕 両備バスの単独運行になったのち、現在は吉備エクスプレス大阪号との共同運行となり、西日本ジェイアールバスおよび中国ジェイアールバス、下津井電鉄も運行に参加している。 廃車車両の譲渡 [ ] 同社は2003年以降、大阪府内全域が排出ガス規制強化地域「」に指定されたことなどから、おおむね12年程度で更新している。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

>

BRTの仕組み:JR東日本

バス利用者にリアルタイムで正確な情報を届けるポータルバスロケーションシステム バスロケーションシステム「モバステーション」は人口カバー率100%のNTTドコモFOMA通信網を使用し、携帯電話が使える全国エリアをカバーしたバス事業者様向けの運行管理を行います。 堺・なんば - 鹿児島 (サザンクロス号) 〔〕 元々は堺市を起終点とした林田バス 当時は林田産業交通 との2社共同運行路線であった。 一般路線バスの運行状況については2017年4月1日から株式会社リオス製のバスロケーションシステム が導入され、スマートフォンのアプリやパソコンで運行状況や現在の車両の位置を知ることができるようになった。 2013年8月31日をもって廃止。 和歌山・泉佐野 - 西船橋・TDL (サザンクロス号) 〔〕 現在は・へそれぞれ路線移管、として運行。 愛称は運行会社別に名乗っており、南海バスは サザンクロス。 お問い合わせ 平素は南海バスホームページをご利用いただき誠にありがとうございます。

>

BRTの仕組み:JR東日本

前案内所• なんば - 福井・芦原温泉 (サザンクロス号) 〔(現)、〕 1993年4月に一旦廃止された が、現在は阪急バスと共同運行で に路線再開。 それも更に2007年には(旧)に買収され、近畿観光バスの大阪営業所になっている。 神戸三宮・なんば・京都駅 - ・昭島・立川・玉川上水 〔〕• 担当路線 天野山線、高向線、南青葉台線、河内長野庁舎線、美加の台団地線、岩湧線、小深線、小吹台団地線、小山田線、清見台団地線、千代田線、荘園町線、緑ヶ丘線、南花台・南ヶ丘線、南花台・大矢船西町線、加塩・南ヶ丘線、加塩・大矢船西町線、加塩・南花台循環、河内長野・泉ヶ丘線、河内長野・狭山ニュータウン線、PL病院線• 〔〕 南海高速バスの参入初期の路線のひとつであったが、 より路線休止。 (近郊)• なんば - 富山 (サザンクロス号) 〔〕 昼行便・夜行便の両方とも存在していたが廃止となった。 営業キロ程: 2,632. このページを共有. 地域の声による新しい駅の設置 地域の声に応え、市役所や病院・仮設住宅や仮設商店街などに駅を新設。

>

BusGO!バスロケーションシステム

発着便であっても堺営業所へ回送で出入りしている。 コミュニティバス路線 [ ] 運行路線 [ ]• 2013年8月21日より南海バス運行便の2往復が3列シート車となった。 しかし現在では大半を占めるLED車では両者の区別が無くなっている。 結果、現状では、震災前の1. 2014年4月1日:堺営業所・東山営業所および運行路線 第一次導入• 各社とも製の車両が在籍する。 使いやすい運行本数 鉄道運行時に比べ1. 自治体のは、それぞれの都市によって異なる。 〔関西空港交通、〕 過去に運行されていた路線 [ ] 共同運行から撤退した路線 [ ]• 気仙沼線については2012年8月20日からの暫定運行を経て12月22日当社が事業者となり運行開始、大船渡線については2013年3月2日から運行を開始しています。

>

お問い合わせ

バス車両の動態はクラウドに常に送信され、センター側で集中管理することができます。 路線バスで、接近表示機などの設備機器を投資せずに位置情報のみで構築できるバスロケは、全国でもかなり先進的な提案となりました。 いずれもオリジナルの塗装が採用されており、堺シャトルは金色に異人のイラストが描かれている。 「安全運行に影響が出ることは許されないので、運転手の操作もワンアクションに抑えてもらいました」と、業務管理係長・槌谷英彦様は笑顔で語ります。 地図上のバス停アイコンをタップするだけで出発・到着地を選択でき、系統検索などすべての検索操作も3アクション以内を実現します。

>

BRTの仕組み:JR東日本

なお、現在は和泉上町停留所は廃止されており、 - 和泉府中駅前の区間が鶴山台団地線 61系統 として運行されている。 大阪 - 阿南・室戸 「 エディ EDDY 」 〔〕 昼行• 南海バスは共同運行に参入せず。 深夜急行バスその他 [ ] 深夜急行バス [ ]• 廃止営業所 [ ]• 所在地: 大阪市東淀川区井高野四丁目3番59号• 2002年8月1日運行開始。 関西国際空港 - 中もず・堺東・堺 一部便はりんくうタウン駅経由 2010年10月運行開始・2015年廃止• 一般バス路線での運賃の支払いは現金のほか、磁気式プリペイドカードや交通系ICカードの利用が可能である。 関西地区ではが運行する「」等事業者で愛称を統一するケースが多く、共同運行の殆どの路線は共同運行相手と異なる愛称を名乗ったり愛称がない路線も存在する。 こちらのアドレスからアクセスできます。 但し2017年12月1日現在、なんば高速バスターミナルへの乗入れは両備バスの便のみとなっている ジェイアールバスおよび下津井電鉄の便は一部を除き湊町バスターミナルに、両備バスの一部便は大阪駅にそれぞれ乗り入れている。

>