サン アントニオ 級。 Category:San Antonio class amphibious transport docks

グリーン・ベイ (ドック型輸送揚陸艦)とは

USS Anchorage, LPD-23 - 建造中 2010年就役予定• また、男女乗員が快適に乗艦・勤務できるよう、2,500名以上の職員の意見が設計に取り入れられている。 艦の前部から中部にかけて低層の艦上構造物があり、後部はおよびという、より連なるアメリカ海軍のドック型揚陸艦としてオーソドックスな配置を踏襲している。 そのためアメリカ級強襲揚陸艦は、MV-22Bやヘリを使い海岸正面に兵力や装備を揚陸するのではなく、敵の後方に兵力を投入することを狙っている=そのためのウェルドック廃止、航空機運用能力の強化だったのだろうが、アメリカ級強襲揚陸艦の1番艦が就役もしていない段階で、海兵隊から伝統の「ウェルドック」復活の要求が出たため、3番艦「ブーゲンヴィル」から再びウェルドックが復活させることになった。 New Orleans and Green Bay are home-ported at San Diego. SWANによってすべての艦上システム、センサーおよび兵器が接続され、統合されたデータは、リアルタイムで戦闘指揮センターへ送られる。 が使用するという扱いになっており、127mm、、 、を搭載している。

>

サン・アントニオ級

マキン・アイランド アメリカ ブーゲンヴィル 航空機支援スペース 2931. しかし、「サン・アントニオ」級の最初の3隻のコストは大幅に予算を超過しており、見積額6億1,700万ドルに対して実際の建造費は8億ドルを上回ると見られている。 今後、ニミッツ級空母を更新していく。 29ミサイル発射機やRIM-116を飛行甲板上から撤去(艦尾へ移動)し、捻出したスペースに部分的に拡張された(艦外へ張り出した)飛行甲板を設けることで、新たに3機分の航空機駐機スペースが確保し、さらに他の航空機を動かすこと無く飛行甲板上でMV-22Bを整備できるようになった。 The construction of the LPD 30 began in April 2020, signifying the cutting of first 100t of steel. 現在のアメリカ級強襲揚陸艦のウェルドックを単純に追加すれば、5万トンを超える巨艦になることが予想され、建造費が高騰するのは誰の目にも明らかなので、航空機運用能力を損なうことなくウェルドックを復活させ、しかも艦の大きさは現状を維持するという、非常に難解な設計にチャレンジすることになる。 阿部安雄「アメリカ揚陸艦の歩み」『世界の艦船』第669号、海人社、2007年1月、 137-143頁、。 つまり、対潜戦、掃海(対機雷戦)、そしてやイエメンのが使用したような小型高速艇の排除だ。 クレジットカードでの支払は、サイトからのご注文に限らせて頂きます。

>

1/350 米海軍サン・アントニオ級揚陸艦用 ディティールアップセット

Give contextual explanation and translation from your sites! The blast-resistant hangar doors, which were constructed by Indal Technologies, weigh 18,000kg and have three horizontal folding panels each. San Antonio class design The ship uses steel in its construction and has low radar cross-section. サン・アントニオ級ドック型輸送揚陸艦とは、が運用しているである。 、用 、中・小スポット 両舷側に2か所。 対艦、対空、対潜など様々な任務を遂行可能。 、 が配置されている。 より、まず種々の選択肢の検討による暫定の準備が着手された。 艦内にドックおよび貨物積載空間を確保しているために、は左右非対称の配置となっており、右前部と左中部にある。

>

サン・アントニオ級

またヘリコプター甲板直下のはオースティン級と同程度の面積であり、であれば2隻、であれば1隻、であれば14両を収容できる。 また、アメリカン・スーパーコンダクター社が製造した「高温超伝導体」を利用する『対防御用消磁システム』を採用して艦艇の磁気特性低減を図っている。 また、前甲板に用 16セルの追加が考慮されている。 The keel for the vessel was laid in October 2017 and the vessel was launched in March 2020 with delivery scheduled for 2021. Each LCAC can carry 60t of cargo and vehicles, including the M1A2 Abrams tank at speeds of up to 40k. 当時、およびLSDの老朽化が進んでいたことから、まずこれらを代替するおよび12隻が建造された。 AMSC secured a contract to deliver a ship protection system for LPD 28 in January 2019. ゲーム [ ] 『』 『』 「」という名称で登場。

>

F

USS New York LPD 21 The keel for USS New York LPD 21 was laid in September 2004. この結果、従来は様々な種類の艦を寄せ集めて適宜編成されていた(ARG)の構成艦の均一化が計画された。 USS San Diego LPD 22 The keel of USS San Diego LPD 22 was laid in May 2007 and launched in May 2010. The LPD was delivered to the US Navy in October 2013 and commissioned in March 2014. この交代によって、老朽化が著しい揚陸艦隊が近代化されるだけでなく、ライフサイクル・コストと乗員数も大幅に節約される。 設計 [ ] 断面図 設計にあたっては、アメリカ海軍の揚陸艦として初めてへの配慮が導入された。 The US Navy has commissioned 11 San Antonio class flight I ships to date. 品物代・送料・代引き手数料の合計金額を配達員にお支払いください。 一番艦はに因む。 The vessel achieved initial operating capability IOC in May 2008 and made its first deployment in August 2008 as part of the Iwo Jima expeditionary strike group. 当初計画では、上部構造物直前にのための 16セルの搭載が予定されていたが、まず当初3隻分から、その後最終的に全艦で削除された。 またヘリコプター甲板直下のはオースティン級と同程度の面積であり、であれば2隻、であれば1隻、であれば14両を収容できる。

>

1/350 米海軍サン・アントニオ級揚陸艦用 ディティールアップセット

また艦尾甲板はとされており、発着スポット2個が設定されている。 フライト 艦名 建造所 起工 進水 就役 母港 I LPD-17 USS San Antonio 2000年 12月9日 2003年 7月12日 2006年 1月14日 LPD-18 USS New Orleans 2002年 10月14日 2004年 12月11日 2007年 3月10日 LPD-19 USS Mesa Verde 2003年 2月25日 2004年 11月19日 2007年 12月15日 バージニア州 ノーフォーク海軍基地 LPD-20 USS Green Bay エイボンデール 2003年 8月11日 2006年 8月11日 2009年 1月24日 長崎県佐世保市 佐世保基地 LPD-21 USS New York 2004年 9月10日 2007年 12月19日 2009年 11月7日 LPD-22 USS San Diego インガルス 2007年 5月23日 2010年 5月7日 2012年 5月19日 カルフォルニア州 サンディエゴ海軍基地 LPD-23 USS Anchorage エイボンデール 2007年 9月24日 2011年 2月12日 2013年 5月4日 LPD-24 USS Arlington インガルス 2008年 12月18日 2010年 11月23日 2013年 2月8日 バージニア州 ノーフォーク海軍基地 LPD-25 USS Somerset エイボンデール 2009年 12月11日 2012年 4月17日 2014年 3月1日 カルフォルニア州 サンディエゴ海軍基地 LPD-26 USS John P. LPDはもともとに近い性格を備えていた ことから、本級も優れた航空運用能力を備えている。 The ship was delivered to the US Navy in December 2011 and commissioned in May 2012.。 The gun can be operated locally at the gun turret or remotely in the combat information centre. これは兵員や装備品に関連した物資=、燃料、各種消耗品を輸送・揚陸することを務とした向けのであることを意味しているが艦内の甲は3段構えで群の輸送も重視され、艦尾ドックは大上陸用舟艇なら1隻、なら2隻、式陸両用なら14両を搭載できる。 US Navy 60隻以上が就役中のミサイル駆逐艦(Arleigh Burke-class destroyer)は、海軍を支える存在。 コンスティチューションのニックネームは「オールド・アイアンサイズ(Old Ironsides)」。

>

Category:San Antonio class amphibious transport docks

の4番艦。 同級は主砲としてMk. はすでに退役し、と交代している。 からにかけて可能性研究、からにかけて予備設計、1994年からにかけて契約設計が行われた。 当時、およびLSDの老朽化が進んでいたことから、まずこれらを代替するおよび12隻が建造された。 艦歴 発注 起工 進水 就役 母港 退役 性能諸元 24,333 長さ 全長:208. 47bn contract for the detail design and construction of LPD 30 was awarded to Huntington Ingalls Industries in March 2019. この欠点を善するため 『上陸用舟艇を船体の= ドックに複数搭載』、 『ドックにを導いて上陸用舟艇を自発進させる』、 『上陸部隊を分散上陸させて反撃時のを軽減する』3つの特徴を持って生まれたのが 『ドック』である。 出典:public domain アメリカ級強襲揚陸艦 海兵隊は、海からの上陸が予想されている地点へのD-Day方式による水陸両用作戦は、もはや現代において通用しない=莫大な損失(主に兵士の生命という意味で)に耐えられないと考えており、さらに陸上に展開した地対艦ミサイルが、数千もの兵士と上陸用装備を詰め込んだ強襲揚陸艦や揚陸艦の接近を拒んでおり、1発の対艦ミサイルと強襲揚陸艦をトレードオフするのは到底認められない。 アラビア湾にて空母セオドア・ルーズベルト(CVN 71)の後を航行するミサイル駆逐艦プレブル(DDG 88)、同ハルゼー(DDG 97)、同サンプソン(DDG 102)。

>