人権 デュー デリジェンス。 人権デュー・デリジェンスと 新型コロナウイルス

【人権】グローバルで高まる人権デューデリジェンス義務化の動きと背景~差し迫る日本企業への対応要請~

2019年度:すべての新規開発案件において左記Due Diligenceの実施を目指す。 もはや制定化自体は議論の余地はなく、議論の中心は、制定時期とその具体的内容へと移行しています。 。 子会社やサプライヤーによる人権侵害に対する親会社・元請け企業の越境的な法的責任に関する法令および司法判断は、原材料まで遡れば世界中にサプライチェーンを張りめぐらせている日本企業にも当然関係してきます。 水分野 英国・スペインにて、水道サービス事業、豪州・オマーンにて海水淡水化事業を保有。 これらについて、危険物質が利用されていないか書面による分析、サンプル調査などが行われ、対策工事が必要であれば、そのコストを見積もります。 企業が人権の課題を事業活動に組み入れるため、事業マネジメントと人権配慮との統合はどのようにすればいいのか、指導原則の三つの主要な構成要素にしたがって実施のステップや推進上のポイントはいかなるものか、具体的な事例やQ&Aを含めて明らかにしている。

>

【人権】グローバルで高まる人権デューデリジェンス義務化の動きと背景~差し迫る日本企業への対応要請~

2019年12月に公表された世界経済フォーラムによるジェンダーギャップで昨年よりさらに順位を落とし、153か国中121位とされた日本のジェンダー状況は、SDGs、ESGのいずれでも大きな課題と認識されています。 アナン国連事務総長は、機関投資家を中心とした投資コミュニティに対し、イニシアチブを提唱。 英国法でありながら、英国内外の企業が対象となったことから、世界的に大きな反応を引き起こした。 当然有する「所与のもの」として捉えられがちだ。 日本企業に馴染みの薄い「人権」と対策 政府や規制当局を含む国家、事業会社、金融機関と、グローバルで人権問題がホットなテーマとなる一方、日本において人権意識は、依然高いとは言えない。 国家の人権保護義務(指導原則1〜10)• 各種ガイドライン対照表• 4MB 2015年1月7日 日本弁護士連合会 このたび当連合会は、2011年6月の国際連合の人権理事会において「ビジネスと人権に関する指導原則:国際連合『保護、尊重及び救済』枠組実施のために」(以下「指導原則」という。

>

今、企業が取り組むべき「人権デュー・デリジェンス」

受託者責任が求められる金融機関としては、集団的エンゲージメントを行うことで、投資先の透明性を担保。 2015年から、毎年海外グループ各社のサステナビリティへの取り組み状況の確認を行っています。 例えば、事業(ビジネス)デューデリジェンスによって、対象とする事業の市場環境を確認すれば、窮境にあるのは自社だけなのか、業界の構造的な問題なのかが見えてきます。 特に対象会社やその取引先がアジアやアフリカなどの法令等が十分に整備されていない地域にある場合に、現地の法令上は必ずしも違反がないと考えられる場合でも、実態として人権侵害と評価できる状態が生じていないかといった観点からは、必ずしも十分に調査が行われていないケースが少なくないように思われる。 従業員における人権デューデリジェンスプロセス アサヒグループでは、「」を定め、アサヒグループで働くすべての人の人格・人権・個性を尊重することを明記しています。 その法的な論点を正確に理解した上で、積極的に導入を検討することが望まれる。 同社はオックスファムと協働で、二次サプライヤーとの継続的な対話を行い人権デューデリジェンスに関するレポートも発行している。

>

人権尊重| CSR|積水化学

コミュニティへの負の影響 これらの人権課題に対して、国際機関やNGOのデータベースをもとに事業国・調達国を対象にした国別人権リスク評価を行い、プライオリティを決定しました。 国内外のM&Aや提携案件、コーポレートガバナンスやコンプライアンスに関するアドバイスを含め、企業法務全般にわたる各社へのアドバイスに従事。 このような事態を回避するため、自社だけではなく、サプライチェーンやバリューチェーンにおいても人権侵害に関与していないか、監視し指導する体制が求められている。 人権インパクトアセスメント実施範囲 人権インパクトアセスメントの実施対象範囲は以下の通りです。 今後は人権尊重のガバナンス強化に向けて、現地法人に即した周知策を検討し、人権尊重に関する従業員への教育を進めるとともに、バリューチェーンにおける人権の取り組みを強化していきます。 EUでは、2012年に2025年までにフードロスを50%削減する方針を採択しており、具体的な対応策の検討が急ピッチで進められている。

>

人権侵害防止への取り組み|人権の尊重|サステナビリティ マネジメント|サステナビリティ

International Institute of Social Studies(オランダ・ハーグ)開発学修士号(人権専攻)取得。 金属カンパニー 人権の尊重・配慮 労働安全・衛生・環境リスクに配慮した、また地域社会へ貢献する持続可能な鉱山開発 鉱山事業• 現在は人権リスク特定に向けて着手しています。 また、日立製作所も、2013年に「日立グループ人権方針」を策定して、従業員をはじめ、企業全体の活動や製品・サービスを通じて関係する全ての人々の人権尊重を目指すことを宣言し、人権デュー・デリジェンスの実施へ向けた具体的な取組みを継続している。 各部署コンプライアンス責任者への直通通報の他、社外弁護士への相談窓口や、社外ホットラインも開設しています。 デューデリジェンスというと、買収時の対象企業チェックが想起されるが、人権デューデリジェンスは、買収時のみならずガバナンス観点から自社内やサプライチェーンに対し、実施されることが多い。

>

デューデリジェンス(DD)とは |意味から実務上の注意点まで完全理解

また、新任管理職研修においてもハラスメントに関する研修を実施しており、管理者の視点から各種のコンプライアンス・リスクなどについて共有し、主にセクシャルハラスメントやパワーハラスメントについて議論しています。 ホットライン 伊藤忠商事では、国内外それぞれにホットライン窓口を複数設け、伊藤忠商事社員に加え、伊藤忠商事と雇用関係にある社員、グループ会社からの通報を受け付けています。 しかし、2020年からのパリ協定の本格的実施を前にスペインで開催されたCOP25は、なお各国政府からのコミットメントが不十分と批判が残る結果に終わりました。 取り組み• 世界に先んじて動き出した英国は2013年、世界初の国別行動計画(NAP)を策定した。 企業の原動力であるヒトに関する統合マネジメントなしには期待できません。 また、「アサヒグループ行動規範」において「国籍・人種・民族・宗教・思想・性別・年齢・障がい・性自認・性的指向・雇用形態などによる差別は行わない」旨を記載しており、「アサヒグループ行動規範」浸透に向けた研修を全従業員に向けて実施しています。 しかし、グレタ・トゥーンベリ氏がCOP25の記者会見で気候変動により生活を脅かされている先住民の若者たちに場を与えたのは、気候変動が引き起こす、生命・住居・食糧といった基本的な人権への侵害を訴えるためです。

>

人権尊重| CSR|積水化学

新入社員研修では伊藤忠パーソンとして持つべき人権を尊重するマインド、例えば人権の基本的な考え方や留意事項から、国籍・年齢・性別(LGBT等の性的マイノリティを含む)に対して配慮することなどを習得するための研修や、組織長等に向けた社内研修では、セクシュアルハラスメント(性的指向や性自認に関する差別的言動や嫌がらせを含む)やパワーハラスメントの問題を取り上げ、ハラスメントが実際に発生した場合やその報告を受けた際の対処について教育・啓蒙を実施し、日頃よりハラスメントを許さない環境作りに努めるなど、人権に関する理解の徹底を図っています。 このような対応を企業が積極的・能動的に行うことは、社会や経済全体に利益を及ぼすとともに、その結果として、当該企業自身にも更に利益がもたらされるという好循環を生み出す。 人権方針、人権インパクトアセスメントなど人権デュー・デリジェンスに関するアドバイスの提供や東南アジアにおけるステークホルダー・エンゲージメントのコーディネーターを務める。 マテリアリティ SDGs 目標 取組むべき課題 事業分野 コミットメント 具体的対応アプローチ 成果指標 進捗度合 繊維カンパニー 人権の尊重・配慮 人権・環境に配慮したサプライチェーンの確立 サプライチェーンマネジメント グループ全体で情報共有を進め、安全・安心なサプライチェーンを構築することで顧客のリスク低減に寄与し、持続可能な経済成長に貢献します。 調査範囲は幅広く、会社組織・株式、関係会社、許認可、契約、資産・負債、知的財産権、人事・労務、訴訟・紛争、環境などに及ぶのが特徴です。

>

日弁連「人権デュー・ディリジェンスのためのガイダンス」について説明を聞く (2015年6月25日 No.3229)

いずれの法律もサプライチェーン全体の人権リスクを対象とした人権デュー・ディリジェンスの実施、特定された人権リスク対応策の有効性やモニタリングなどを含みます。 CSR条項を、これまで多くの日本企業が導入している暴力団排除条項と比較分析することにより、望ましい条項の内容のあり方とその法的課題を検討している。 救済 ポーラ・オルビスグループの事業活動が、人権に対する負の影響を引き起こしたことが明らかとなった場合、あるいは取引関係者などを通じた関与が明らかとなった場合は、対話と適切な手続きを通じてその救済・改善に取り組みます。 たとえ国内法令を遵守しているとしても、それが国際人権基準に合致していない場合には、指導原則に基づくコンプライアンスとしては不十分とされることに特に留意する必要があります。 これら人事領域におけるリスクと対処方法を把握することで、 価格や契約、PMIでの手続き面などに反映させることができるのです。 企業の人権尊重責任(同上11〜24)• この点、ある社会課題を解決しようとする場合のアプローチは一つに限られず、様々なルール設計が考えられるところ、効果的な対策に率先して取り組み、そのような取組みを前提とした積極的なロビイングによってルール形成に成功した企業は、市場において将来にわたって競争を優位に進めていくことが可能になる一方で、出遅れてしまった企業は、仮に同じ社会課題に対してある程度対策を進めていた場合でも、形成されたルールの内容次第では、一から対策をやり直すことを余儀なくされてしまう可能性もある。 また、国連「ビジネスと人権に関する指導原則」に基づき、人権を尊重してまいります。

>