進捗 状況 意味。 「芳しくない」の意味は?ビジネスでの使い方や英語・類語表現

「進捗」の意味とは?「進捗状況」や「進捗率」など関連用語についても解説【ビジネス用語】

まずは、仕事の全体量を把握します。 「進捗」とは? 「捗」という字は「手」を表す手偏に「歩く」という字を組み合わせてできています。 「本当にこのまま、この人に仕事を任せられるのか」と、報告される側も不安になってしまいます。 本来は、「順調に物事が進んでいる」という意味ですが、仕事・ビジネスでは「仕事が進んでいるかどうか?」を確認する言葉として定着しているようです。 「進捗」と「進展」の意味の違いとは 「進展」の意味は「事態がが発展すること」 「進捗」に似た言葉に「進展(しんてん)」がありますが、この2つには意味の上で異なる部分があります。

>

「進む」の意味と使い方とは?「進める」との違い・言い換え表現も

用法も同じなので、ぜひ注意しながら活用してみください。 それぞれの担当者がお互いの「進捗報告」を把握することで、プロジェクト全体の問題や課題を共通して認識できます。 また、それを示すものでもありますので、作業の進行具合を提示するようにしましょう。 また、1人で行う仕事であっても、進捗管理をしておくことはとても重要です。 [例文 其の二] : 進捗状況 次は「進捗状況」を使った例文です。

>

「進捗」の意味と使い方は?「進展」との違いと確認の仕方も紹介

まとめ 「進歩」と 「進捗」は、このような違いになります。 極端に言えば、プロジェクトの肯定がうまくいっている場合には進捗状況の報告は必要ありません。 特に、進捗確認の場合は迅速に返信対応をする必要があるでしょう。 「ちょく」は音読み。 また、他の営業所の在庫を回してもらうケースなどでは、社歴の長い上司が営業所の管理職に直接お願いしてくれて、スムーズに問題が収束する可能性もあります。 「芳しくない」の類語・英語表現 「芳しくない」という表現は目上の人にも使える表現で、ビジネスシーンでも問題なく使用できますが、言い換えの際に便利な類語表現にも触れておきましょう。

>

「進捗」の意味と使い方は?「進展」との違いと確認の仕方も紹介

進捗とは物事がうまく進むという意味を表しますが、物事がうまく進むというニュアンスには様々な言葉があるので、一緒に覚えておきましょう。 進捗報告書の盛り込むべき8つの項目• 「進展(しんてん)」には「物事が進行すること」に加え、「新たな境地や段階に進むこと」の意味があります。 あわせて覚えておきましょう。 また「進む」が 上達するという意味で使われているなら「make progress」の他にも「develop」が使えますし、 悪化するの意味なら「get worse」など、文脈から考えて様々な英語表現が使えます。 進行という言葉自体の意味としては、進んで行く、進むべき方向に行くという意味を持つものであると考えると分かりやすいでしょう。 何気なく使っている人も多いと思うのですが、進捗状況の報告や確認は、仕事を進める上で基本的なことですよね。

>

「進捗状況」の使い方・読み方・書き方|いかがでしょうか

好ましくない• 「進捗」の使い方 それではここから、「進捗」の使い方を実際の例文とともに紹介します。 -- 前: 次:. 最後の漢字それぞれを解説します。 工場で必要となる進捗管理と言っても様々なケースが想定されますので、それを大まかに表現したものと言えます。 これは、あらかじめ予測していた通りに会議が進んでいることを表現するものです。 職場で使えるフレーズと併せて紹介しましょう。

>

「進捗状況」とは?意味や使い方を解説

進捗状況を報告することはなぜ重要なの? 進捗報告は単に今行っている仕事がどのくらい進んでいるのか、進んでいないのかを把握するだけのものではありません。 ・今回のプロジェクトは必ず納期を守らなければならない。 ストレスなく進捗状況を確認するためには、定期的に確認するタイミングを仕事を任せる前に決めておくことです。 また自身で使う際には 「進捗状況を報告する」のように相手に現状でその程度進んでいるかを伝える使い方となります。 プロジェクトや業務全体を管理する立場にある人が、チームメンバー個々の進捗状況を定期的に確認し、計画通りに進んでいるのか、進んでいない原因は何なのかを洗い出しながら、業務全体が計画通りに進むよう調整する重要な作業です。

>