Jr 神戸 線。 姫路駅(JR神戸線 野洲・米原方面)の時刻表

トップページ|JR西日本 遅延証明書

大阪駅 - 西明石駅・加古川駅間 [編集 ] 「」も参照 内側線・電車線を走行し、尼崎駅 - 須磨駅・西明石駅間の列車の半数はJR東西線・学研都市線に乗り入れる。 [Y] 三原駅で接続後、竹原・呉方面を経由して海田市駅で山陽本線と再接続するローカル線。 基本情報 読み方 こうべせん 運転区間 大阪~神戸~姫路 都道府県• プレスリリース , 西日本旅客鉄道, 2015年10月2日 , 2015年10月2日閲覧。 。 「スーパーはくと」・「はまかぜ」・「らくラクはりま」は、大阪駅・三ノ宮駅・・姫路駅に全列車が停車し、「スーパーはくと」の一部と「はまかぜ」・「らくラクはりま」は、「スーパーはくと」・「はまかぜ」の一部と「らくラクはりま」は・にも停車する。 (インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道 2006年9月20日• 上下電車線を使用して、快速・普通を運転。 快速(明石駅以西は普通)に使用され、一部の列車は223系6000番台と併結して運転することがある。

>

JR神戸線

新快速は大阪方面からは芦屋駅開通時に運転を開始したが、姫路方面からは3月12日まで運転されることはなかった(ただし加古川駅 - 姫路駅間では新快速運転を行う列車は存在していた)。 (昭和24年)1月1日:神崎駅が尼崎駅に改称。 JR西日本223系電車 JR西日本223系電車 ご存じ、京阪神地区を走る、JR西日本の在来線車両を象徴する列車。 寝:寝台特急 行き先・経由• 2月8日:岡本仮乗降場(2代目)が開業。 GoToトラベル事業で配布される『地域共通クーポン』の利用者限定発売の「自由周遊きっぷ」です。 また、車両の増結を行うなどし、201系は通常7両編成で運用されているが、このうち4本を4M4Tの8両編成と、8M4Tの12両編成に組み替え、201系では最長となる12両編成で運転された。

>

トップページ|JR西日本 遅延証明書

大阪駅 - 間はや乗車券の区間分割購入により、並行する私鉄利用と差のない運賃となる。 :戎仮乗降場(初代)・武庫川仮信号所(初代)・芦屋仮信号所(初代)が廃止。 複線:西明石駅 - 姫路駅間• 3月15日までは、日中時間帯の半数が西明石駅発着であり、10月15日までは朝ラッシュ明け、3月13日までは深夜にそれぞれ西明石行きの列車が設定されていた。 ダイヤ面においては大阪方面から甲子園口駅までの復旧時は新快速(ただし大阪駅以西は各駅停車)と普通のみ運転され、京都方面からの快速は大阪駅で折り返し運転を行っていた。 保安装置:および(拠点P方式)• 3月16日:岡本仮乗降場(初代)が廃止。 原則として加古川駅で快速と接続している。 :大阪駅 - 神戸駅間で貨物営業が開始。

>

山陽本線(JR神戸線)

2010年3月13日の改正では朝6時台と夜23時台( - 甲子園口駅間は回送)に縮小された。 10月10日:大阪駅 - 塚本駅間複々線化。 :複線自動閉塞式• 制度適用範囲の駅: 阪=大阪市内、 神=神戸市内• 1月25日:甲子園口駅 - 芦屋駅間の上下内側線が開通。 快速(明石駅以西は普通)に使用され、一部の列車は223系6000番台と併結して運転することがある。 (昭和63年):大阪駅 - 姫路駅間で JR神戸線の愛称が使用開始。 4月15日:大久保駅 - 土山駅間に魚住信号所、土山駅 - 加古川駅間に平岡信号場が開設。

>

JR神戸線

32km)延長。 朝ラッシュ時の上りは加古川・大久保・神戸・・尼崎始発の系統が設定されている。 (昭和6年)10月10日:兵庫駅 - 鷹取駅間が3線化。 :西ノ宮駅 - 住吉駅間に戎仮乗降場(初代)が開業。 長:長浜• 複々線:大阪駅 - 西明石駅間• 71km)が延伸開業。 (0番台)• 上下電車線を使用して、快速・普通を運転。

>

トップページ|JR西日本 遅延証明書

大阪駅・芦屋駅・須磨駅で普通、加古川駅で新快速と相互に接続している。 (昭和56年)4月1日:東灘操車場が信号場に変更され、東灘信号場が開設。 特急(・・・・):各列車記事参照• 車両はとが使用されており、7両編成で運転されている。 (昭和43年)6月20日:朝霧駅が開業。 朝夕時間帯は本数が多くなる。 同線の正式な起点は。 1972年3月15日のダイヤ改正で日中15分間隔の基本形が完成し、1時間あたり大阪駅 - 甲子園口駅間が8本、甲子園口駅 - 西明石駅間が4本であった。

>