佐渡 ケ 嶽 部屋。 佐渡ヶ嶽部屋の謎?

佐渡ヶ嶽部屋とは

(前3・沖縄)12代弟子• すべて佐渡ヶ嶽部屋の女将さんが纏めているのです。 対 武蔵丸戦 長期戦となり水入り取り直しの一番 対 朝青龍戦 かばい手取り直しの一番 等、記憶・記録に残る力士の1人であると言えましょう。 大関:185勝152敗83休(28場所)勝率:54. 2006年6月には琴欧洲を筆頭に13人の所属力士が外務省の招きで現地を訪れ、親善相撲を行った。 出身地 :山形県尾花沢市• 優勝等 : 幕内同点1・次点4回,十両優勝1回,幕下同点1回,序二段同点1回• 安政3年の資料に存在。 本 名 :坂田 供次郎• がぶり寄りを武器に駆け上がったインテリ力士• 新大関 :昭和42年(1967)11月(27歳0ヵ月)• 年寄名跡:11代秀ノ山• 佐渡ヶ嶽部屋の若者頭 琴千歳 北海道千歳市出身、佐渡ヶ嶽部屋の元力士で最高位は前頭5枚目。

>

佐渡ヶ嶽部屋

2008年(平成20年) 11月(福岡)場所 年寄佐渡ケ嶽襲名以来、第1号の関取(琴国)を育て上げました。 (福岡)12代、13代弟子 幕内 [編集 ] 関脇 [編集 ]• 特に 28歳だった平成 8年名古屋場所では、東関部屋所属の第 64代横綱曙関と、平成の大横綱の 1人である二子山部屋所属の第 65代横綱貴乃花関の 2人から金星を上げた上、三賞の殊勲賞を獲得する実力を見せました。 小学3年生の頃から相撲を始めて、中学は高知県の明徳義塾中に相撲留学、3年次に中学横綱の栄冠を獲得。 所属部屋:佐渡ヶ嶽部屋• 2015年秋には挙式披露宴も行いました。 部屋の中での呼称は「琴」の部分を省略される。 (前1・大分)12代弟子• 初土俵 : 昭和59年(1984)3月(15歳9ヵ月)• 四股名 : 五城楼 勝洋(ごじょうろう かつひろ)• 没年月日:平成19年(2007)8月14日(享年66歳)• 現在、佐渡ヶ嶽部屋のお弟子さんは40名。 成 績 :殊勲賞2回,敢闘賞4回,技能賞7回,金星3個• (関脇・香川)13代弟子• 優勝等 : 十両同点1回,幕下同点1回,序二段同点1回• 最終場所: 平成26年(2014)3月(31歳1ヵ月)• 2歳年上の琴鎌谷もうかうかしていられません。

>

佐渡ヶ嶽部屋と親方紹介

新入幕 :平成2年(1990)11月(22歳6ヵ月)• 新十両 :昭和50年(1975)11月(18歳7ヵ月)• 年寄名跡: 13代佐渡ヶ嶽• 佐渡ヶ嶽部屋の所属力士は 「 琴」という1字が頭に付けられた 四股名を名乗っていることが多く、 四股名を見るだけで佐渡ヶ嶽部屋に 所属していることが一目瞭然です。 19代・朝日山 宗功• 優勝等 : 幕内優勝2回(次点5),三段目優勝1回• (千葉)12代弟子• 467• 対戦成績では、稀勢の里には 31勝26敗と勝ち越していますが、 稀勢の里が大関へ昇進してからは 2012年5月場所から2013年3月場所まで 5連敗を喫するなどして 7勝15敗と分が悪くなっています。 (前1・大分)12代弟子• これぞ、王者(横綱)にふさわしい心でもある。 新十両 :昭和61年(1986)11月(22歳1ヵ月)• 所属部屋:佐渡ヶ嶽部屋• No 四股名 直近7場所 成績 直近7場所 勝率 番付 令2. 小学校より始めていた柔道部へ入部、県大会団体戦準優勝の成績を残し、その身体能力を買われ陸上競技・砲丸投げの助っ人としても入賞を果たすなど、スポーツ万能な少年として市内で有名になるには時間が掛かりませんでした。 琴風 豪規 中学時代は体育以外オール5という秀才。 12代は精力的に弟子のスカウト活動に力を注ぎ、先代時代からの内弟子だったを大関に育て上げたほか、関脇・や関脇・(2代)など幕内力士を数多く育て上げ、佐渡ヶ嶽部屋を大部屋へと成長させた。 小学3年生の頃から相撲を始めて、中学は高知県の明徳義塾中に相撲留学、3年次に中学横綱の栄冠を獲得。

>

大相撲 佐渡ケ嶽部屋

優勝等 : 十両同点1回,幕下同点1回,三段目優勝2回• 生涯勝率:53. 所属部屋:佐渡ヶ嶽部屋• 石田祐未さんは2014年末には 勤めていた会社を退職されていて、 2015年からは千葉県内で 同棲を始めていたみたいです。 十両戦歴:201勝185敗15休(27場所)勝率:52. 佐渡ヶ嶽親方の経歴 堂々とした体格と素質で期待されたが左膝の故障に苦しめられた• 先代佐渡ヶ嶽の豪腕 当代の佐渡ヶ嶽さんの師匠は1960~70年代に土俵に上った元横綱 琴櫻の12代佐渡ヶ嶽でした。 (十13・福岡)12代、13代弟子. 生年月日:昭和51年(1976)4月11日• 初土俵 : 昭和35年(1960)3月(15歳8ヵ月)• 出典 : 五城楼関の強みは左四つに組み止めてから寄り切るなどの寄りや、身長 190cmに対して体重 160kg近い体格を活かして廻しを取らずに突いたり押したりして攻めていくことであり、相撲経験はなかったものの、これらの強みを徐々に活かして番付を上げていき、入門して 2年ほどで幕下に昇進することができました。 12代が2005年11月場所13日目(同年11月25日)に定年退職を迎えたため、婿養子の幕内・が同日に現役を引退し、年寄・13代佐渡ヶ嶽を襲名して部屋を継承した。 それでも 35歳だった平成 15年には高砂部屋所属の第 68代横綱朝青龍関から 2回金星を獲得したり、翌年には敢闘賞を 2回獲得したりする活躍を見せました。 直後に先代からの弟子であるが大関へ昇進し、2007年には、2011年には(いずれも先代からの弟子)が続いて大関に昇進した。

>

佐渡ヶ嶽部屋の現役力士一覧!番付・星取表に詳細データ

しかし、その後は取り組み中に大胸筋の肉離れの怪我を負って途中休場したり、全休してしまったりしたため、再び 1年ほど幕下に陥落してしまいましたが、これを克服し、 1年以内で幕内に返り咲くことができました。 師匠譲りの速攻が身上で、右差し、左おっつけで一気に出る取り口が特徴の大物食いで知られた。 そういう中にあって 佐渡ヶ嶽部屋には実に41人もの力士衆が所属しています。 11月場所で新入幕してから5月場所の引退まで幕内に連続31場所在位する。 年寄名跡:横綱特権・男女ノ川• 四股名 : 琴椿 克之(ことつばき かつゆき)• まさに 新婚ほやほやで 幸せの絶頂にいる琴奨菊です。 (前5・千葉)13代弟子• 相撲部屋や出身地ごとの場所の成績からランキングを作成しております。 現・佐渡ヶ嶽部屋の女将さん(真千子)は、力士のお嫁さんにはなりたくないと益々決意が強くなっていきます。

>

佐渡ヶ嶽部屋と親方紹介

大関昇進は琴奨菊が2011年、 稀勢の里は2012年。 琴奨菊の結婚相手の妻について 琴奨菊は2015年7月10日に、 石田祐未さんという方と結婚。 ちなみに今の四股名になるまでに若仙竜など 4回も変えており、先述した怪我から復帰した場所で落ち着く形になりました。 所属部屋:佐渡ヶ嶽部屋• 師匠琴ノ若の現役時代は、大きな身体を生かした寄りや上手投げは、スケールも大きく魅力満点でした。 東十両6枚目だった令和2年(2020)3月場所で十両優勝、翌5月場所での新入幕を果たす。 同年11月場所には大怪我を負い番付を下げたが5場所で再入幕。

>

後援会ご案内

パパが師匠って増位山とか若貴兄弟なんかと同じですね。 11代が逝去したため、1974年7月場所前に引退して年寄・11代を襲名したばかりの琴櫻が名跡変更し、同年7月に12代佐渡ヶ嶽を襲名して部屋を継承した。 新十両 :平成16年(2004)5月(21歳3ヵ月)• (前7・宮崎)13代弟子• 佐渡ヶ嶽部屋の読み方 佐渡ヶ嶽部屋は、【さどがたけべや】と読みます。 3%) 直近7場所 0勝6敗 幕内:36勝51敗3休 7場所勝率 39. 最終的に 32歳だった平成 17年九州場所中に現役を引退し、この四股名のまま間垣部屋に残って後進の指導に当たりました。 佐渡ヶ嶽部屋には現在、大関として 5年間活躍した琴奨菊関と若手の琴勇輝関の 2人が幕内で活躍しており、十両には琴恵光関を含め 3人の関取が所属しています。 生涯戦歴: 294勝155敗34休1分/449出場(46場所)• -1817年12月(死去) 、一時2代 4代 桟シ初五郎 前1 佐渡ヶ嶽部屋 1818年2月-1824年7月(死去) 二枚鑑札 5代 松ノ浦左市 --- --- 6代? 大関:378勝264敗63休(47場所)勝率:58. (34代横綱、茨城) 関連項目 [編集 ]• 初土俵 : 昭和53年(1978)3月(15歳11ヵ月)• 「横綱 琴櫻」という分厚い本を読んだことがありますが、よくこれだけ悪いとこだらけで綱が張れたもんだと感心してしまった。

>

佐渡ヶ嶽

「花のサンパチ組」の一人。 成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞4回,技能賞2回,金星2個• 五城楼関は入幕後、 1年半ほど安定して幕内の番付に定着し、前頭 3枚目など幕内上位の番付で相撲を取ることもできました。 力士時代は佐渡ヶ嶽部屋所属(三段目46)。 (山形)12代弟子 小結• 最新場所については日々の対戦相手と勝敗が一目で分かる星取表もご覧頂けます。 現役在位:45場所• 新入幕 :昭和40年(1965)1月(20歳6ヵ月)• 佐渡ヶ嶽部屋の関取、力士に声援を送ります。 新入幕 :昭和62年(1987)11月(25歳7ヵ月)• 年寄名跡:12代粂川• 昇進とともに四股名を「琴勝峰」へと改名、「勝」の字は祖母の戒名を頂いたもの。

>