矢沢 永吉 バラード ベスト。 楽天ブックス: スタンダード ~ザ・バラードベスト~ (通常盤)

楽天ブックス: スタンダード ~ザ・バラードベスト~ (初回限定盤A CD+DVD)

未来をかさねて• タイムレスな魅力を備えたバラードが集約された『「STANDARD」~THE BALLAD BEST~』。 当時の曲が今、70歳の歌になって収録されています。 オリジナルは1997年のアルバム『YES』の中の曲です。 その一方で、「安物の時計」で矢沢さんが拘ってきたんだなと思ったのは、確か1990年代初めの頃。 だったらロックの本拠地に行ってやろうぜ! って思った。 「Tonight I Remember」は著作権の都合により掲載しておりません。

>

矢沢永吉バラードベスト 39曲全ての曲に手を加え直した理由を語る(Rolling Stone JAPAN)

面影(from ONLY ONE~touch up~SPECIAL LIVE in DIAMOND MOON). でも、我々ロックのルーツはどこだって言われたら、やっぱり海の向こうのアメリカやイギリスだったり。 僕も我ながらaug(オーギュメント)とかSUS4とか、よくこのジャジーなコード進行をバンバン取り入れられたなと思う。 元から作り直して歌を歌い直してミックスダウンし直し。 年齢を重ねて、喉が衰えたと思われるから。 ご本人からのコメントも届いておりますのでお楽しみに。

>

矢沢永吉のバラードにやられました。これは外せないアルバムやバラード曲...

タブ譜とコード・ダイアグラムが全曲に付いているので、楽譜が読めなくても弾き語りが楽しめます。 かっこよくて、パッションで、イケイケ。 「Tonight I Remember」は著作権の都合により掲載しておりません。 デジャブのように 作詞:伊秩弘将 作曲:矢沢永吉• 安物の時計• 「この海に」。 矢沢の極上のバラードベストが完成!! 初回限定盤A(Blu-ray or DVD 、初回限定盤B Blu-ray or DVD 、通常盤という5形態での発売。 ということを、来週以降でお話できたらと思っております。 矢沢:じつは「時間よ止まれ」のマルチテープはもう存在していなくて、2ミックスしか残ってなかったんです。

>

矢沢永吉 バラードベスト 『STANDARD ~THE BALLAD BEST~』 特典はポスター!2020年10月21日発売!

初回限定盤Bの付属Blu-ray/DVDには、本作のために撮り下ろされた「風の中のおまえ」(1999年)、「YES MY LOVE」(1982年)のミュージックビデオが収められる。 記念すべきファースト・シングル『アイ・ラヴ・ユー、OK』(75年)、初のチャート1位を獲得し、矢沢をスーパースターの座に押し上げた『時間よ止まれ』(78年)をはじめ、彼の歴史を彩ってきた名曲がずらりと並ぶ本作。 でも、やがて音楽が分かってくると、キーって高くすりゃいいてもんじゃないだろうと気づいた。 前のめりな「燃えるサンセット」なんですが、このバージョンは染み込むような歌で表現しておりますね。 初回限定盤Aの付属Blu-ray/DVD(内容共通)には、「A DAY」(2010年(『TWIST』TOUR)、「時間よ止まれ」(2014年『Z's START ON』TOUR)など、バラードにフォーカスした未発売ライヴ映像6曲が収録される。 そんな感じでこの39曲は何らかの手を加えているんですよ。 さっきから言っている、「押し付けじゃなくてストンッと入ってくるヴォーカル」。

>

矢沢永吉 バラードベスト 『STANDARD ~THE BALLAD BEST~』 特典はポスター!2020年10月21日発売!

夕立ち• 長いんですよ。 オリジナルとは相当違います。 この曲の作詞は響真理奈さんという方ですが、矢沢さんは男性的なイメージが強いので、女性の作詞家は少ないんです。 でも、今回下げた理由は、そうではなかった。 『ドアを開けろ』は時代を変えた一枚という意味で、史上最も劇的だったロックアルバム。 DJの田家秀樹氏との対話というかたちではないけれど、かなり長い録音メッセージを番組向けに寄せている。 時間よ止まれ(2014年「Z's START ON」TOUR) 4. レーベルの枠を超えたオールタイムの選曲によりCD3組に全39曲が収録され、オーセンティックなロック・バラードを軸に、矢沢にしか表現できない艶、色気、ダンディズムをたっぷりと堪能できるベストに仕上がっている。

>

矢沢永吉 初のバラードベストアルバム『STANDARD〜THE BALLAD BEST〜』 DIAMOND MOON・ONLINE SHOP予約販売受付のお知らせ(8/6〜10/18)|矢沢永吉公式サイト

分かりやすい言葉で言うと、オリジナルの音源ってすごいかっこいいんですよ。 もっと分かりやすく矢沢メロディが伝わるためには、何が強すぎるんだろうって考えたら、もう一回ミックスダウンしなきゃ納得できない自分がいたんですね。 一音キー下げて歌わないと俺は納得できないと思ったんです。 YES MY LOVE• 今回の『STANDARD~THE BALLAD BEST』は、3枚組で全39曲入ってるんですけど、そのうちの17曲のミックスダウンをやり直しました。 曲を書いたのは1970年代半ばだったそうです。

>

矢沢永吉のバラードにやられました。これは外せないアルバムやバラード曲...

それからアレンジにものすごい興味を持つようになりました。 風の中のおまえ• 矢沢さんの話の後にお聞きいただくのは、アルバムの中の「いつの日か」です。 オールディーズを想起させるメロディ、45年という月日のなかで培われた豊潤なヴォーカルが響き合う素晴らしいテイクに仕上がっている。 夕立ち アルバム「STANDARD~THE BALLAD BEST~」を掲載してありますが、楽譜ページ数の都合により、一部曲順が異なります。 「時間よ止まれ」はすごく洒落た曲ですよね。 「サブウェイ特急」は、"畳じゃ死なねーぜ"というように矢沢さんの生き方そのもののような曲で、ライブでもとても人気のある曲ですね。 こういうシンセサイザーのバラードは、矢沢さんの中でも数少ない方ですが、今回のアルバムはこういう曲が聴けます。

>