高見澤 プルーン 園。 素材の味を楽しむ♪和×イタリアン『BISTRO AOKUKBI(ビストロアオクビ)』テイクアウト

プルーン発祥の地 南フランスの「アジャン(Agen)」のプルーンをはじめて食べてみました

焼き菓子コーナーは、店内の左手にあります。 なんだか美味しそうです。 かなりかたいのでww プルーンの食感を表現するのがなかなか難しいのですが、、、リンゴのようなかたさはなく、かといって、モモのようにやわらかいわけではなく、適度に歯ごたえがあって、果実感がすごいです!とにかくおいしいんです! また、プルーンは味がおいしいだけでなく、健康と美容にもGOOD! ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素が含まれていて、ダイエット、アンチエイジング、生活習慣病予防の効果が期待できます。 アーリーリバー• 和のエッセンスがたっぷり詰まったイタリアンは、 素材そのものの味わいが楽しめる、やさしいテイスト。 下の記事は、南フランス・アジャンを実際に訪れ、プルーンの生産・加工・販売を手掛けるプルーン農園のことをレポートした内容になっているのですが、アジャンのプルーンのことについて概要を把握することができると思います。 オパール• そして、その種も美味しい。

>

プルーン発祥の地 南フランスの「アジャン(Agen)」のプルーンをはじめて食べてみました

そしてお皿の上に置きました。 この日のサンドのメニューは、 「信州豚炭火ローストのトスカーナ風サンド」 分厚いお肉が、バゲットからはみ出しちゃってます! 食欲をそそる香ばしい色のバゲットも、とってもおいしかったですよ~。 また、2年前から樹と樹をつなぎ合わせて、樹勢の均一化をはかり、栽培管理の省力・簡易化が期待できる「ジョイント栽培」に着手。 「これからも父親と共に栽培し、新しい技術を取り入れ、お客様に美味しいと喜んでもらえる高品質のプルーンを収穫しきれないくらい栽培したい」と夢を語った。 カラフルでとってもきれい! お品書きを見て思ったのですが、 和の食材がたくさん使われているんです。 南フランス アジャンのプルーン ハーブのことが好きな人間からすると、「南フランス」というワードにやはり反応してしまいます。

>

素材の味を楽しむ♪和×イタリアン『BISTRO AOKUKBI(ビストロアオクビ)』テイクアウト

「プルーンが生まれたのは、フランス南西部・アジャン地域です。 文字通り、プルーンはスモモの仲間なのです。 。 そして口に運んでみましたが、、「うお~、うま!」という声が出てしまいました。 フロアには、 ブルーとホワイトのさわやかな色合いのタイルが敷かれています。 そのため、7月下旬~10月にかけて、異なる品種のプルーンを順次楽しめるのです。

>

旬のフルーツたっぷりのタルト屋さん『Bambina(バンビーナ)』@佐久市!豪華なリースタルト♪

ちょうど収穫トップシーズン後の26日なので、収穫に感謝して…といった意味合いがあるのかもしれません。 管理人は、我が家の 長男の誕生日祝いに、念願のリースタルトをオーダーしました!(誕生日の3日前)• 旬のフレッシュフルーツを使ったもの、 季節感たっぷりのスイーツなど、メニューは豊富。 シナモン&りんごはテッパンコンビ! 最強の組み合わせです。 ただ、9月26日は、プルーンの収穫期が終わりに近づくので、その年の気候によっては時期が早まり、晩生種であってもシーズン終了になることも。 こちらもおしゃれ~。

>

化学肥料不使用!安全でおいしい生プルーン『高見澤プルーン園』がお届けする夏~秋の味覚@佐久穂町

頭が下がります! 高見澤プルーン園では、プルーンを収穫するスタッフさん(主に男性陣)と、パック詰めをするスタッフさん(主に女性陣)に分かれて、作業しています。 くらしま• 普段、店頭に並んだ商品を見ているだけと気づきにくいですが、そこにいたるまでの過程を思うと、感謝しながら食べないといけないなと感じます。 あまりのおいしさに、家族5人で、6号サイズをあっという間にたいらげましたww ちなみに、5人で食べる場合、お店では 7号サイズをおすすめしているとのこと。 通年オーダーできる定番メニューと、季節限定のメニューがそろいます。 くらしま早生• 生プルーンの味はというと、、、どの品種でも、全般的に 果汁が多く、みずみずしくジューシーで、甘酸っぱいのが基本。 カウンターの上には、おいしそうなお料理がずらり。

>

化学肥料不使用!安全でおいしい生プルーン『高見澤プルーン園』がお届けする夏~秋の味覚@佐久穂町

停車場ガーデン• 「父親の栽培技術を承継し、さらに自分の技術を磨いていきたい」と意気込んでいる。 大手門公園• 袋を開けて覗いてみました。 ちなみに皮をむかずに、 そのままかぶりついて食べます! 真ん中に大きめの平べったい種が入っているので、うっかりかじらないように注意しましょう。 手土産やギフトなどにも喜ばれそうなものばかり。 お客様に喜ばれるプルーンをつくりたいと話す俊平さん 佐久市取出町の高見澤俊平さん(45)は、佐久穂町海瀬の高見澤プルーン園で父親の良平さん(73)とプルーンの栽培に取り組んでいる。 O ・定休日 なし(無休) ・住所 〒385-0022 佐久市岩村田161-1 井出ビル1F ・電話番号 050-5266-0776 ・駐車場 あり ・支払方法 現金 クレジットカード各種 QRコード決済(PauPay、LINE Pay他) VISAタッチ決済 ・設備 カフェスペース(テーブル席) ・URL 周辺のお店・スポット情報• 旬の時期が限られるので、ぜひタイミングを逃さずにGETしてください!. 各品種、収穫できる期間は平均して2週間程度ですが、それぞれ旬の時期が違います。

>

化学肥料不使用!安全でおいしい生プルーン『高見澤プルーン園』がお届けする夏~秋の味覚@佐久穂町

この感動を分かち合いたく、妻と長男にも食べてもらいましたが、2人とも 「今まで食べたプルーンの中でダントツに一番美味しい」 という評価でした。 そして裏面を見ると。 O)があるので、 店内での飲食も可能です。 サンタス• このサインには見覚えが! そう、 床屋さんのシンボルです! BISTRO AOKUKBIは、 床屋さんをリノベーションしてつくったお店だそうで、随所にその名残が見られます。 収穫されたプルーンも、大きさや色をそろえて、 1つ1つ手作業でパック詰め。 今まで、スーパーで売られているドライにされたプルーンというのはたまに食べてきましたが、 スーパーで見かけたら、「あ、たまに食べてみようかな」という感じで買っていました。

>