僕 だけ が 17 さい の 世界 で 歌。 挿入歌「3月9日」が大反響のMACO、話題のAbemaTVオリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」撮影現場をサプライズ表敬訪問!|株式会社ソニー・ミュージックレーベルズのプレスリリース

涙腺崩壊、涙の7話! AbemaTVオリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」の挿入歌で問い合わせ殺到したMACO新曲「桜の木の下」が遂に本日配信スタート!

いつもは見れないMACOの素顔が垣間見えるかも!?ぜひチェックしてほしい。 おそらく芽衣のことで言い争いになったとか、賭けをしたとかそんなところではないかと思います。 今度こそ、君に想いを伝えたい。 PR 心も体も17歳のままの航太と24歳に成長した芽衣。 17年という期間を共に過ごした幼馴染の二人が、ようやく気付いた恋する気持ち。

>

挿入歌「3月9日」が大反響のMACO、話題のAbemaTVオリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」撮影現場をサプライズ表敬訪問!|株式会社ソニー・ミュージックレーベルズのプレスリリース

AbemaTVオリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」のなかで、第一話から舞台となる長野の美しい桜の木のシーンで流れるため話題になっていたこの楽曲は、プロデューサーの藤野良太氏から依頼を受け、ドラマの世界観にあわせてMACOが書き下ろした切ない楽曲。 それから7年後の2020年。 航太と芽衣の幼馴染の恋の行方は?航太の死に隠された衝撃の秘密とは? 最後に二人がとった運命の選択はーー。 死んだ人が生き返ってまた再会する、というストーリーはとてもファンタジーで、私自身とっても羨ましいなって思った部分もあって。 人気シンガー・ソングライターMACOがAbemaTVオリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」で挿入歌となった書下ろし楽曲「桜の木の下」に続いて、異例の追加挿入歌となった新曲「3月9日」が、遂に配信スタートとなった。

>

涙腺崩壊、涙の7話! AbemaTVオリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」の挿入歌で問い合わせ殺到したMACO新曲「桜の木の下」が遂に本日配信スタート!

歓迎してくれた演者さんやスタッフさんのためにも、ここはきめよう…!と意気込んでいたのに、「3月9日」を歌い始めたら飯豊さんがホロホロ泣いていてつられて私も泣きそうになって、歌い出しの私の声は少しヨレっとなってしまいました。 伊織は第一発見者だそうですし、航太の死に関係していることは確かでしょうね。 人気シンガー・ソングライターMACOがAbemaTVオリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」で挿入歌となった書下ろし楽曲「桜の木の下」に続いて、異例の追加挿入歌となった新曲「3月9日」が、遂に配信スタートとなった。 AbemaTVオリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」のなかで、第一話から舞台となる長野の美しい桜の木のシーンで流れるため話題になっていたこの楽曲は、プロデューサーの藤野良太氏から依頼を受け、ドラマの世界観にあわせてMACOが書き下ろした切ない楽曲となっている。 けど、降りてきた歌詞って1stテイクを超えられないことが多くて。 」 航太と芽衣は、幼馴染の高校二年生。 これに対しSEVENTEENは、「 この度は、『Smile Flower -Japanese ver. 人気シンガー・ソングライターMACOがAbemaTVオリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」で挿入歌となっている「3月9日」に続き、ドラマのために書下ろした新曲「桜の木の下」が、遂に3月27日に配信されることが明らかになった。

>

AbemaTVオリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」の挿入歌で話題!!問い合わせが殺到したMACOの新曲「桜の木の下」が遂に3月27日(金)配信決定!|株式会社ソニー・ミュージックレーベルズのプレスリリース

言葉を書いているときに、メロも書いちゃえというところまで進んだんです。 もどかしくも応援したくなる航太と芽衣の幼馴染の恋の行方は!? 最後に二人がとった運命の選択は何なのか--。 今作『桜の木の下』は、2020年2月20日(木)夜11時より放送を開始する、AbemaTV最新オリジナルドラマ『僕だけが17歳の世界で』のなかで聴くことができるので、是非ドラマもチェックしてみてほしい。 幼い頃からずっと一緒にいた大好きな人が突然いなくなるなんて、そんなこと想像もしていなかったと思います。 <MACOコメント> 今回藤野さんのドラマに曲を書き下ろすということは、MACOにとってとても大きな出来事でした。

>

僕だけが17歳の世界でキャストや主題歌!相関図やあらすじやインスタも!

主題歌や挿入歌というより、そうじゃない作り方がもっとあってもいいのかなと思って。 そんな初恋模様を切なく描きながらも自分の気持ちを相手に伝える大切さや一歩踏み出す勇気に気付かせてくれる、ファンタジー・ラブロマンスです。 ドラマと共にこの曲が聴く人の心に花を咲かせ、日々を彩ることを心から願っています。 AbemaTVオリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」のもう一曲の挿入歌になっている「桜の木の下」と同時進行で制作していましたが、自分の作った曲に比べて、たくさんの方に愛されている楽曲のカバーを歌うのは凄く緊張しました。 王道の哀愁メロディとグルーヴを武器に、ファンキーでダンサブルなアプローチも交えながら、アンセミックなロック・ナンバーからストリングスをフィーチャーしたバラードまで、バンドが持つ可能性を存分にアピールしている。 2月14日のバレンタインデーに発売された「恋蛍」、さらに3月6日リリースされたレミオロメンの名曲をカバーしドラマのW挿入歌となっている「3月9日」に続き、3作連続のリリースとなる。 MACO:新しい! ぜひやりましょう。

>

挿入歌「3月9日」が大反響のMACO、話題のAbemaTVオリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」撮影現場をサプライズ表敬訪問!|株式会社ソニー・ミュージックレーベルズのプレスリリース

ファンからは、「MACOちゃんの声でさらに切なくなる」「良い曲過ぎて頭から離れない」「早くリリースされないかな?署名を集めたいほど」と既に話題になっており、今年2月14日のバレンタインデーに発売された「恋蛍」、さらに3月6日リリースされたレミオロメンの名曲をカバーしドラマのW挿入歌となっている「3月9日」に続き、3作連続のリリースとなる。 MACO:なるほど。 待望のNew Single『恋蛍』を2月14日にリリースした。 笑 「桜の木の下」を歌い終える頃にはもう外も真っ暗で私はたった数分歌っただけだけなのに手も足もかじかむほど寒くて この環境下でみなさんが長い間撮影していたことが本当に凄いなと思いました。 私、〈好き〉とか〈大好き〉とか〈愛してる〉ってサビでストレートに言っちゃうんです。

>